忍者ブログ

万言葉(よろづことのは)

やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける

   
カテゴリー「語り」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堀宮:KS(高級食材)

久々に『堀さんと宮村くん』

柳くん

柳 明音(やなぎ あかね)
ひたすら美形。
とにかく美形。
遺伝子レベルで美形。
胸焼けを起こす美形。
別名「高級食材」
人見知りが激しく、控えめな性格。
慣れるまでタメ口や呼び捨てが出来ない。
みんなのマスコット。
目が悪い。
コンタクトをよく落とす。
眼鏡のレンズもよく落とす。



これで主要キャラ(片桐)は全員終わりかなー。
あ、渡部もいるけど、まあ、あれはストーカーの盗撮マニアです。ってことで割愛(ひでえ)
あ、寺田先生と安田先生も好きなんですけど、大人は描くの難しいから、気が向いたら…
あと、堀一家も気が向いたら描きます。
実は一番好きなのは堀父のような気がする今日この頃(笑)誰と絡んでも面白い人です。堀母との絡みが一番好きだけどね、地味に虐げられている息子(小一)との関係も好きですv(笑)
PR

堀宮:沢田

『堀さんと宮村くん』布教活動続行中。
今日のでストックがなくなった…(汗)
せめて、あと柳くんと堀夫妻だけでも紹介したい。

沢田ほのか

沢田ほのか(さわだ ほのか)
堀たちの1つ下の後輩。泣きぼくろ。堀に雰囲気が似ている。
モテるが極度の男嫌い。
いろいろネタはある子だけど、それ書いちゃうと面白くないので、
どんな子なのかはご自分の目で確かめて下さい(笑)



なにげに結構布教成功しているらしい。(確認したのは2人だけだけど)
そう言えば、その大学友にメルフォ返信してないや。
すみません、12月23日までにはご所望のブツをちゃんとお渡ししますので!(私信)

堀宮:進藤

まだまだ布教中、『堀さんと宮村くん』
お勤め中の友人一人を道連っちゃったみたいです。
すまんね。忙しい時期に。でも自己責任だから!(笑)

進藤晃一

進藤晃一(しんどう こういち)
宮村の中学時代からの親友(多少自称気味/笑)
進学校に通う。頭はいいが、タバコで留年。現在2年生。
可愛い彼女もち。彼女の親には交際を反対されている(2年生だから)
宮村大好き。宮村にならいたぶられてもいい。超ポジティブ。
明け方宮村宅へ寝起きドッキリに行ったり、突然泊まりに来たりする。



書籍化したので、本編をざっと読み返してみたのですが、進藤くんの登場が思ってたより後でびっくりした。
書籍で行くと3巻くらいで初登場になるのかな?
井浦も1巻から出てきてはいるけど(髪の色が違うけど)、名前が出てくるのは3巻くらいからなんですねー。
仙石会長が崩壊してくるのも3巻くらい?
そして、なんといっても堀夫妻(というか堀一家)のやるせないやりとりが大好きなので、堀父が出てくる3巻あたり、やはりその辺りまで読まないと、堀宮の真の面白さは伝わらない気がする。
(妹に書籍1巻を読ませたけど、反応がイマイチだった…)
次巻の発売はいつになるのかなあ…。

堀宮:井浦兄妹

『堀さんと宮村くん』布教キャンペーン中。
ついに発売まで1週間切りました!
と言っても、どうせ発売日に書店に並ばないんですけどね★
そもそも自宅付近の本屋は入荷するかどうかすらあやしい。

井浦秀

井浦秀(いうら しゅう)
とにかく元気で声がデカイ。つねに笑っている。
音楽が好きでよくアイポッドを聞いている。
一番容量が大きいものを使用しているが、すぐにいっぱいになってしまう。
石川とは幼稚園からの幼なじみ。昔の話しをされると猛烈に照れる。
仙石家のロフトに憧れている。
仙石のことだけは「さん」付けで呼ぶ。(これが原因で後に誤解を生む)
家では寡黙な兄。
反抗期の妹を心配している。
本編では「井浦くんに聞いてみよう」というコーナーをもっていた。

現在の所、一番好きなキャラv
「聞いてみよう」の最後のコマに必ずはいる井浦くんのツッコミがさえてて好きです(笑)
そして、学校と家でのギャップがすごい好き…v

堀宮

井浦基子(いうら もとこ)
中学3年生。成績は全体的に平均。でも英語はすごいできる。
地味でおとなしいタイプ。学校では大声を出さない。
見た目そっくりな兄に反抗期。
兄は学校でも大人しいと思っている。
クラス委員の北原くんがちょっと気になっている。
兄に反発しつつも、実はすっごい兄大好きだと思われる。



「模造刀兄貴」も「恋敵はお兄ちゃん」も、本編しか読んでない人には意味不明ですみません!
でも、彼らの魅力は「おまけ」に入ってからだと思っています!
お互い気になってしょうがないのに、微妙に距離がある感じとかね…いいなあ、もう!
ここに基子のクラスメートの北原くんが混じるともっと面白いのですが、北原くんは下の名前がまだ明かされてないのでとりあえず保留。

堀宮:仙石会長と愉快な仲間たち

『堀さんと宮村くん』布教キャンペーン中

仙石翔
仙石翔(せんごく かける)
生徒会長。保体以外は学年一位。モテる。
運動は苦手。
がりがりなのを気にして、服をいっぱい重ね着している。
プールがイヤで(服を脱ぐのがイヤで)右腕が爆発。
堀のことを「京ちゃん」と呼ぶ唯一の人。
中学まで、幼なじみの堀にいじめ抜かれていた。
悔いの残る小学校、中学校生活だったらしい。
今でも堀には完全に男扱いされていない。とんでもない年まで一緒にお風呂に入っていた。
恐がり。おばけ怖い。虫怖い。
犬をわんこ、猫をにゃんこ、蛙をゲコゲコと呼ぶ
自室にロフトがある。部屋の片づけが苦手。
宮村の服の下が気になる。
彼女持ちなことを厳格な父に隠している。
彼女のためならなんでもする(と思われる)
ヘタレ。最近は彼女からも「チキン」呼ばわりされるようになった。
声が高い。きゃんきゃん子犬みてえ(by堀)
おそらく作中最弱キャラ。英語教師の安田にだけ強気。

初登場の第一印象が最悪な生徒会3人組の筆頭(笑)
髪型がすっごい難しかったです。

綾﨑レミ
綾﨑レミ(あやさき れみ)
生徒会のマスコット。学園のアイドル。
仙石の彼女。
自分がモテることを自覚しているが、それを喜んではいない。
お馬鹿。全教科赤点。でも授業態度は花丸。
ひそかにパソコンは得意。
虫が大好き。でもトンボだけ苦手。
家には虫のコレクションがいっぱいある。
一人称は「レミ」
仙石くん大好き。弱い彼が好き。細い彼が好き。

初登場ではただの可愛さを笠に着ている頭の弱いキャラっぽかったのに、実は結構深い子だった。
仙石のチキンっぷりを知った上で(というかチキンな故に)、彼と付き合ってるところが好き。

河野桜
河野桜(こうの さくら)
生徒会書記。
レミとは幼い頃からの親友。
レミのことが大好きだし、彼女のいいところを認めているだけに、地味で可愛くない自分にコンプレックスを感じる。
石川に片想い。
お菓子作りが得意。桜色のクッキーはどこぞのケーキ屋よりも美味しい。
胸がデカイ。地球が救える(堀談)
頭がいい。
仙石夫婦の頼れる姉御的存在。

ある意味、生徒会メンバーの中で最も初登場時とキャラが変わっちゃった子。(というか、もしかしたらチョイ役のつもりだったのかな?とさえ思う)



彼らの関係っていいなあと思います。
男一人女二人の三人組で、うち二人がカップルだといろいろもやもやしそうだけど、お互いの絆がすごく心地よい。
レミが若干さくら贔屓なのが原因かもしれないけど、仙石会長が、桜のことをレミとは違った意味で大事に思っているのが伝わるエピソードも多々あって、いいなあと思います。オマケ144とかすごい好きv

※リンク貼るの面倒くなったので↓記事参照。

堀宮:ユキ/トオル

『堀さんと宮村くん』布教キャンペーン中

吉川由紀
吉川由紀(よしかわ ゆき)
堀の友人。堀家の内情は知らない。
料理の腕は殺人レベル。
本当にほしいものは、「ほしい」と言えない。
「エロイよね」談義の発端は大抵この子。
美大の姉がいる。
庶民派。高級食材は胸焼けする。

この子が石川とのことで、ぐだぐだと思いめぐらしていること、なんとなく分かるような気がします。自分でも自分が分からなくて、はっきりさせたくないけど、分からなくて気持ち悪いっていう。


石川透
石川透(いしかわ とおる)
堀、宮村の友人
つい最近まで堀のことが好きだった。
ユキとはともだち以上恋人未満
お金持ちのぼんぼん。
背が高くて意外とモテル。
夢(猫、その他)に苦しむ。
苦労人。いろいろとかわいそう。
宮村の秘密(タトゥー)を知る男。そのため色々フォローしてあげている。
ブレザーかセーラーならセーラー派
いつでもネクタイ。

特徴なさすぎて、描くのが一番難しい…
とりあえず、紫。紫ならトオルかな、と(笑)



読解アヘン(http://opiumhero.web.fc2.com/)

堀宮:堀さん/宮村くん

10月22日発売予定、『堀さんと宮村くん』布教キャンペーン

堀京子

主人公その1:堀京子(ほり きょうこ)
さばさばした性格で、男女共に人気有り。
呼び名は、堀、堀さん、京子、京ちゃん。
特技は勉強(でも好きではない)と家事(でもお菓子作りは苦手)
両親は別居中(一応)で弟(小1)の面倒があるのであまり遊びにいけない。
学校ではギャルだけど、家では地味。
とんでもない怪力。クラスの男子と腕相撲をしても一人勝ち。
耳そうじや肩たたきの破壊力は絶大。殴打は痛みが後からじわじわ効いてくる。
嫉妬深い。その標的は主に男子。最近は臭いで浮気相手が特定できるようになった。
基本はSだけど、ある特定人物、特定シチュエーションにおいてのみM。
みかん大好き。一日5個食べる。
メロン味のアイスが好き。みかん味のお菓子は嫌い。
アニメ大好き。アニソン大好き。
ホラー映画大好き。父や彼氏をいけにえにする。
シチューが嫌い。食べると吐く。
機械音痴。
胸がとても残念。
間違いなく、作中最強人物。

宮村伊澄

主人公その2:宮村伊澄(みやむら いずみ)
堀の彼氏。
小さいころの呼び名はいっくん。クラスメートに呼ばれると照れる。
中学時代、衝動的に安全ピンでピアスを開ける。(昔は口ピアスもあった)
高校に入って、衝動で腕から太ももにかけてタトゥーを入れてしまったために、一年中冬服。
体育の着替えはトイレ。修学旅行のお風呂やプールは「生理」を理由に避ける(笑)
堀と出会う前は、長髪眼鏡で地味な暗いヤツだったが、堀のために見かけも中身も大変身した。
ケーキ屋の一人息子。ケーキ作りが得意。
なんでも「いいよぉー」という。
滑舌が悪い。
ある特定人物にのみSに変貌。
頭突きが痛い。
なんでもすぐ顔に出る。ババぬきが苦手。
歌が上手い。絵が上手い。
シチューが好き。キャラメル味が嫌い。納豆も嫌い。でもとろろは好き。
彼女に一切頭が上がらない。ベタ惚れ。
頭は悪いが、保体のみ常に満点(基本が出来ているらしい)
ブレザーかセーラーならブレザー派
寝る時服を着ない。
彼女宅に連日入り浸り。気付いたら深夜で泊まることも多い。しかし、もっぱら彼女の父と弟のお守りをさせられている。



個人的に、彼らは全体的にRADWIMPSの曲のイメージにかぶります。
基本「宮→堀」だけど、「堀→宮」でも通じるというか。
「ふたりごと」とか「最大公約数」とか。

webではここ(http://opiumhero.web.fc2.com/)で読めます。大好きv

プレ空

狭由良


8月末日に閉鎖されてしまった「るり色のとり」のしえさん原案「プレ空色勾玉」(この名称はどっちが言い出したんでしたっけ…?)
しえさんにメールをお送りしたので、そのつながりで狭由良姫です。
イメージソングはスキマスイッチの「奏(かなで)」だと聴いて以来、私の中で「奏」がプチブームです。
エンドレスで聴きすぎて、iPodのプレイ回数が数日間ですごいことになりました。
妹と共有しているので怒られました(笑)
ついでに、スキマスイッチでは「藍」も大好きですv
あれも聴きすぎてすごいことになってます(笑)

ついでにプレ鳥彦と幼少科戸
プレ鳥プレ科
鳥彦がどっかのバンドマンみたいになっちゃいました(汗)

ハイスコア

ハイスコア

某さんとのトークでハイスコアに再ハマリしてしまい、最新刊(7巻)購入してしまいましたv
熱烈スキーなキャラは特にいないのですが、いちおしコンビ(カップル)は結構いますv
その中でも特に好きなのが上のお2人v
めぐみ絡みだと、政宗センパイとの究極ナルシストバカップルも大好きですし、かおりとの女の子コンビも可愛いし、レイジパパとのラブラブっぷりも大大大好きですが、なんといっても、わがまま姫と優しいお世話係な従兄妹コンビが一番好きv
高校時代もいいですが、個人的にはまだめぐみが嵐士にべったりだった子供時代の2人の関係の方が好きですv
もうこのままくっつけばよかったのに!てか、くっついとけよ!みたいな(笑)
でも、嵐士のこと今でも特別に思ってて、大事なのに、「嵐士はなし」ってことにしたのがかおりのためってあたりが、めぐみの可愛いところだな、と思います。
普段どんだけいびり倒しの小悪魔大魔王でも、男殺しの悪女でも、なぜか嫌いになれないのは、こういう可愛いところがあるからなのかもしれないです。
まあ…あんだけ度が過ぎると逆にむしろ心地よいってのもあるかもれませんが(笑)
めぐみは4コマだからこその主人公だと思いますよ…ストーリー漫画でこんな子主人公に出来ない(笑)

他キャラだと泉水ちゃんとかおりの微妙な感じとか、一方通行まっしぐらな藤原夫妻とか、まっつんとときわづとか、京介一家とか、松本兄妹とか、浮気血痕カップルとか、マッチョとマドモアゼルとか、いろいろ…まあ、ほとんど言ったんじゃね?って感じですが、いろいろ好きです(笑)
(あ、メインだと沙世だけ言ってないや。どうも沙世だけは好きになれない…)

トトロ

昨日の金曜ロードショー、トトロでしたね。
トトロが映画館で公開された当時、わたしはメイちゃんと同い年でした。
映画館では観た事はないのですが、ビデオに録画したものを、もうそれこそすり切れるほど観ました。実際、すり切れましたマジで物理的に。
好きで好きでたまらなく好きで、姉と二人で30回は観たんじゃないかと思います。
それから妹が生まれて、妹もトトロが好きで、今度は妹と二人で何度も観ました。
そして、妹が大きくなって友達を連れてくるようになると、その友達と3人並んで観ました。
だから、おそらくどんなに少なく見積もっても、50回以上はトトロを観ていることになります。
もう、台詞、コマ割、おばあちゃんの方言のイントネーションまでもほぼ完璧に暗記しているくらいです(笑)

そんなトトロをすごく久々に観たわけですが、子供の時に観ていたのとは、まったく…もう本当にまったく違った印象なのにびっくりしました。
「懐かしい」
と感じるだろうな、ということは観る前から分かっていましたが、
まさか、まさかこんなに
メイちゃんかわいっ…!(悶絶) 
と思うとは思ってませんでした(笑)
子供のころは、自然とメイちゃんやサツキちゃんの視点で観ていたわけですよ。
「わたしもこんなとこに住んでみたいなー」とか
「わたしもトトロに抱きつきたい!」とか
そんな風に観ていたのですが、今回観てみたら、なんですか、あのメイちゃんの可愛らしさ!
メイちゃん、昔からあんなに超絶殺人的に可愛かったですか!?
もう一挙一動すべてが可愛い!
メイちゃんが動くたびに「かぁわぁい~い~v
メイちゃんがしゃべるたびに「きゃわいぃ~~~~~~~><
アホか自分!とツッコミつつもにやけた顔がとまらない!
はじめて、「大人の視点」でトトロを観たのですが…いや、もうすごい衝撃!
そんな思いの丈を母にぶつけてみたところ
「だから、私は昔からずっとメイちゃん可愛いって言ってるじゃない」
と返されました。
…そうか!公開当時から大人だった人間は、はじめからずっと「大人視点」なのか!
(ちなみに、母にとってメイちゃんは「私」らしいです。公開当時、私も同い年で、やることなすことメイちゃんにそっくりだったとか)
うーん、だとしたら、私は子供のうちにあの作品に出会えてよかったな、と思います。
あのトトロとの出会いに胸をはずませ、わくわくした気持ち…大人の目で見たら感じられないものを、子供の頃に感じることが出来たわけですから。
子供が観るのと大人が観るのでこんなに感じ方が違う作品が作れるって、やっぱりすごいですね、宮崎監督!というか、やはりジブリの最高傑作は「となりのトトロ」の他にはないだろう、と思います。
今日はジブリ新作ポニョの公開日ですが、多分ポニョも、トトロと同じで子供のための作品なんだと思います。
もう大人になってしまった私には、感じられない、子供だけが感じ取れるものが詰まっているんじゃないかと予想してます(まだ観てないんで断言できませんが)
でも、やっぱりジブリ大好きですから、絶対劇場に足を運びます。

ああ、あと草壁父の素敵さにはじめて胸を打たれました。
そう言えば、高校時代、「理想の男性は?」という質問に「トトロのお父さん」と至極マジメに答えた子がいました。
その時は「ふーん」くらいにしか思いませんでしたが、今回は観てみたら、すっごく素敵な人ですね!
「理想の男性」というよりは「理想の父親」という感じですが、私にとっては。
トトロを現実的な視点で観た時、自分の娘が「この家なんかいる!」とか「嘘じゃないもん、ホントにトトロに会ったんだもん」とか「出た!出た出た!猫のバス!!」とか言い出したら、正直なところ反応に困ると思いますよ。
それを、夢を壊さず、上手に愛情を持って接してあげるなんて…いや、もう親の鑑です!

…とか考えちゃうあたり、自分汚い大人になっちゃったなあと、少しだけ切なくなります。
でも、どんな荒んだ世の中になっても、「トトロが好き!」という子がいなくならない限り、日本はまだ大丈夫な気がします。

ああ、なんかすごいな、トトロネタ一つで多分わたし夜を明かせる!

カレンダー

08 2018/09 10
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

就活する人の必読本

フリーターのみなさんはもちろん、新卒さんも、これから就活するであろう高校生も、とにかくみんなに読んで欲しい本。

ひっそり布教中

アメリカン・アイドルS8準優勝アダム・ランバートのデビューアルバム(輸入盤)
ジャケットで引かないで下さい!(笑)普通にしてれば黒髪長身でミステリアスなイケメンです!歌声は今世紀を代表するビッグアーティストになること間違いなし(だと勝手に思ってる)!

絶賛布教中

11/21、4巻発売!表紙は進藤と宮村
web漫画サイト「読解アヘン」にて連載中。

最近読んだ本

太陽の最近読んだ本

読書中

太陽の今読んでる本

プロフィール

HN:
太陽
性別:
女性
職業:
4月から公務員
自己紹介:
本好きで趣味で小説も書いてたりする20代半ばの女です。

ブログ内検索

Copyright ©  -- 万言葉(よろづことのは) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]