忍者ブログ

万言葉(よろづことのは)

やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける

   
カテゴリー「語り」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ムム

もいっちょムムちゃん
mumu

仲間内では一番かわいい(byミカちん)男の子(笑)
自分大好きナルシスト。初恋の人は鏡の中の自分。
自分の素晴らしさを書き尽くそうと思ったら原稿用紙500枚は必要だそうです。
ミミもムムちゃんも、「痛い子」というよりは「かわいそうな子(笑)」って感じがします。
↓でミミの制服のこと書きましたが、この子の改造っぷりのほうがさらに上をいってます。
ミミは一応スカートは原型とどめてますけど、ムムちゃんの場合、ずぼんまでハーフパンツにしちゃってますからね。似合ってるけど(笑)

もともとは読者が考えたキャラみたいですけど、ここまで世界観に溶け込む応募キャラってのも珍しいんじゃないかと思います。りぼんって結構こういう企画やりますけど、よくて準レギュラーどまりですからね。(ハイスコアとかめだかの学校とか)

この子のお馬鹿っぷりはむしろキモチがいい(笑)
こういう子がある日突然まじめな顔してビシっとかっこよくシリアスきめたりしたら、確実に陥落します(笑)

こういう女の子っぽいルックスの可愛い男の子を描くときは、いつもは「女の子だと思って描く」ようにしているのですが、ムムちゃんの場合、不思議とそう思うことはないですね。完全に男の子です。
可愛いのかもしれないけど、中身はすごく男の子だなあと思うからなんでしょうか?
PR

ミミ

最近日記絵が時々表示されないときがあって気になります。
大きすぎたり重すぎるのが原因かと思ったのですが、
今日みたら、小さくて軽いのも表示されてなくて…
なんなんですかね…
画像クリック、もしくはページを更新すると見えるようになります(なるはずです)

mimi3

チョコミミよりミミ。
将来の夢は「お姫様」
理想の男性は黒髪色白で背が高くて声がいい王子みたいな人
まんまミカちんですが、ミカちんはあくまで「憧れ」みたいです。
というか、「理想のタイプそのまま」の人を「憧れ」としてしか思えないということは、たぶんそれは「タイプではない」ということなんでしょう。この年代の子ってのは雲の上の存在に憧れるものですからね。
この子のお馬鹿っぷりは漫画のキャラクターとしてみるのならすごく可愛いです。
でも、現実世界にこんな子いたらまず絶対仲良くならない、もしくは頭をひっぱたくかのどちらかだと思います(笑)

にしても、この子(たち)の制服の改造っぷりはいいのだろうか…
いや、可愛いし似合ってますけど、もうすでに「制服」の域は越えてるかと…

ムムミミ

mumumimi

調子に乗ってまたまたチョコミミ絵
ミミとムムちゃん

デートしてたらムムちゃんの方がナンパされてミミがすねてムムちゃんがからかってミミが怒ってそれ見てムムちゃんが爆笑してさらにミミが怒りを爆発させてそれを見てムムちゃんが(永遠ループ)

なんてことが日常茶飯事っぽい(笑)

ミミの方が2mm背が高いらしいですが(2巻では)、ところどころムムちゃんのがでかく見えるのはムムちゃんの背が伸びているのかはたまた作画上の問題か…背が伸びたんだと思っておきましょう。

典型的な「ケンカするほど仲がよい」友達以上恋人未満カップルvかわいいなあvv

そうそう、気がついたら9万HIT達成!
カウンターは惰性で付けてるだけなんですけど、それでもやはり嬉しいですv
ろくに更新できてませんがこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m

チョコミミ4巻

結局、我慢できず買ってしまいました。
4巻だけ持ってるのもなんなので、BOOKOFFで1~3巻も購入。
ついでに某さんとの会話でハイスコアが無性に欲しくなって、1巻のみ100円で購入。めだかの学校も1~4巻まで100円コーナーにあったのでついつい買ってしまいました。完全なる衝動買い(笑)

チョコミミは4コマとしてではなく、少女漫画として好きです。
↓でミカちんが好き好きと書きましたが、1~4巻を読み返してみたら、ムムちゃんのが好きかも。お馬鹿なナルシストだけど妙にまっとうなツッコミ入れたりするところが好き。
あと仁とあおいちゃんカップルが可愛すぎる(><)
仁のあおいちゃん好き好きビームがたまらない(><)
て言うか、一応主人公であろうチョコとミミ、そして相手役のアンドリューの名前が一言も出てこないあたり私らしいなと思います(笑)
いやいや好きですよ、あの子たちも。
アンドリューはいわゆる少女漫画における正統派ヒーローですね。
でも私はそれからちょっとはずれてるミカちんやムムちゃん、はたまた仁のような子の方が好きなのです。
cyokomimi
ということで、『チョコミミ』より好きなキャラ3人。
ミカちんの髪の色は公式では青色なのですが無視しました。
ミカちんは絶対黒髪!これは譲れませんでした。
そして、仁の髪の色は公式ではオレンジだということに塗ってから気付きました。なんとなく赤毛のイメージだったのですが…
ムムちゃんは現実にいたら金髪のイメージですが、公式ではピンク。似合っているのでよい☆
服のデザインは4巻の七夕編のを参考にところどころ自分なりにアレンジしました。色も適当に…
ムムちゃんが描いてて一番楽しかったです。ムムちゃんはいろんな髪型しますが、この頭の上でちょんまげみたいな髪型が一番好きですv服も、「とにかくドハデ」を念頭に考えてみました。

名前探しの放課後

読みましたー!
すっごい大興奮してます!
いや、他サイトさんで、過去辻村作品のキャラが出てくることは分かっていたのですよ!
でも、まさかまさかこんなに盛り沢山に出てくるとは!!!

辻村作品をこれから読もうと思っている方、とりあえずこの本はあとまわしにして既出本を先に読みましょう。
少なくとも『凍りのくじら』と『メジャースプーン』だけは先に読みましょう。これ絶対です!!

辻村さんの癖はもうイヤというほど分かっているので、核心部分はなんとなくそうかなあ?と思っていましたが、さすがに伏線全部は拾い切れませんでした。てか、そこから始まってたんですか、伏線!!!て感じでした。
辻村さんの文章って無駄な部分が一切ないんですよね。全部が伏線。一文字残らずなにかしらの意味があって書かれているんです。
ああ、もう!好きなんじゃお前らーーーー!(爆)

以下、めっちゃネタバレ。ていうかネタバレ。婉曲な表現とか一切なしの名指ししまくりのネタバレ。読んでない人は絶対みちゃだめ。

(てか書簡に書けって内容ですね。そのうち移します)

50冊の質問Q4その2

その1がだいぶ下の方へ流れてしまいましたが…汗

Q04. 徹夜して読んだ、おもしろかった本を2冊教えてください。

kujira

クジラの彼』(有川浩)
絵に書き込んだキャッチコピーもどきは私の自作です。

「自衛官の恋」をテーマにした短編集。
『空の中』『海の底』とあわせて読むとにやりとできますv
書簡にも書きましたが表題作の「クジラの彼」と「ロールアウト」が特に好きです。
男性が魅力的なんですよねv有川さんの作品って。
ちょっと前に『塩の街』を読んだのですが、これも絶妙な胸きゅん具合でした(笑)
ベタなシチュエーション、約束された展開なのですが、それがなんともいえず「絶妙」!
この人の本を読んでいると、「あれ、私ってこんなに恋愛物好きだったっけ?」と自問自答したくなります(笑)

50冊の質問Q4その1

Q04. 徹夜して読んだ、おもしろかった本を2冊教えてください

完徹することは滅多にないですが、気づいたら3時だった、4時だったということはしょっちゅうです。

その1
slow
スロウハイツの神様』(辻村深月)

辻村作品の中でもかなり好きな部類に入る作品です。
子どもたち~や冷たい校舎~とは違って、心にじんわりと染み込むような感動。

この絵を描くために、「チヨダ・コーキは死にたかった」の章を中心に読み返したのですが、もう切なくて切なくて、また泣きそうになりました。
相変わらず、さりげなく貼られた伏線が見事です!(さすがに、癖が分かってきたので、天使ちゃんの正体は一番はじめの段階で分かってしまいましたが)

天使ちゃんとコウちゃんは、きっと一生、お互いに自分が相手のためにしたことを話さないんだろうなと思うと、切なくも温かい気持ちになります。
人って、本当に大切な人のためなら、見返りを求めずに、頑張り続けることができるんだな、と感じました。

にしても、辻村さんの本は、核心に触れずに感想を言い切る事ができないのがもどかしいです。

「とにかく、まず、読んでみて下さい」

この一言に尽きます。

(書簡にあげてませんが、そのうち追加したいです)

50冊の質問Q3その2

Q3.その2

『いつもの朝に』は「感動」という意味で「5」をつけた本ですが、こちらは単純に作品世界を楽しんだという意味で「5」だった本。

risuka
新本格魔法少女りすか』(西尾維新)



実は一番初めに読んだ西尾作品がコレでした。
なので戯言シリーズよりも、こっちの方が好きだったりします(戯言はまだ全部読んでませんが)

私は基本的には男→女な話の方が好きなのですが、ご主人さま(男)と手駒(女)という関係にうっかり陥落してしまいました(笑)

とは言っても、りすかは完全絶対服従の下僕という訳ではなく、あくまで信頼関係の上に成り立つ上下関係、という複雑な構図がこれまたイイですv

戯言のいーちゃんも、なかなかいい性格をしていますが、先に読んだキズタカのインパクトにはかないません(笑)

50冊の質問Q3その1

Q3 最近読んだ、おもしろかった本を2冊教えてください

「最近」というからにはここ数ヶ月に読んだ本にすべきなのかもしれませんが、今年は読書量が多い割に「好き度5」をつけた本がたった2冊しかなかったので、それ紹介しようと思います。

まず1冊目
itumono
いつもの朝に』今邑彩



容姿よし頭よし運動神経よし、人望もありな兄、桐人

容姿も頭も運動神経もすべて十人並みな弟、優太

兄弟それぞれの「贖罪」の物語



なんと言っても、桐人がいいです。
「子どもたちは夜と遊ぶ」(辻村深月)といい、こういう一見完璧そうで実は心の奥に暗い闇を秘めた、哀しいまでの弱さをもった少年…というのにとことん弱いです。
絵はラストの廃屋シーン。
「行動しか信じない」と言った桐人に対して優太の出した答え。
それに対する桐人の反応。
そして、母、沙羅の存在。
すべてが見所です。

50冊の質問 Q2その2

本好きさんに50冊の質問

<大学1,2年次>
候補は
「十二国記シリーズ」(小野不由美)
『七王国の玉座』(J.R.R.マーティン)
「ダークホルム二部作」(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ)
『盗神伝』(M・W・ターナー)
『ストラヴァガンザ』(メアリ・ホフマン)
「ドーム郡シリーズ」(芝田勝茂)
「ライラの冒険シリーズ」(フィリップ・プルマン)
大人向けの本を読み始めた時期…なはずですが、こうしてみるとやっぱりファンタジー強し(苦笑)
腐ってもファンタジー好きみたいです、わたし。
で、どれを選ぶかですが、難しい…。あとで使いたい本もあるので…

raira
ライラの冒険シリーズ』(フィリップ・プルマン)


いろいろと衝撃的だった作品。
独特な世界観なのですが、それがよく生きているなあと思います。設定倒れになっていない。なんと言っても魅力的なのは守護精霊(ダイモン)たち。彼らの活躍あってのこの作品、という気がします。
ラストは本当に切ないのですが、ご都合主義な作品が多い中、あんな締めくくりをする作者はさすがだと思いました。
切ないけど、理不尽ではない。そんな感じ。上手く言えませんが。

ちなみに、これも映画化も決定しています。(http://lyra.gyao.jp/)
来年3月公開予定。
イオレク・バーニソンの視覚化がすごく嬉しい!バーニソン大好きなんですv
個人的には第2作から登場するウィルが楽しみなのですが、それは次回作になるんでしょうね…。可愛い金髪少年希望!(笑)

カレンダー

11 2018/12 01
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

就活する人の必読本

フリーターのみなさんはもちろん、新卒さんも、これから就活するであろう高校生も、とにかくみんなに読んで欲しい本。

ひっそり布教中

アメリカン・アイドルS8準優勝アダム・ランバートのデビューアルバム(輸入盤)
ジャケットで引かないで下さい!(笑)普通にしてれば黒髪長身でミステリアスなイケメンです!歌声は今世紀を代表するビッグアーティストになること間違いなし(だと勝手に思ってる)!

絶賛布教中

11/21、4巻発売!表紙は進藤と宮村
web漫画サイト「読解アヘン」にて連載中。

最近読んだ本

太陽の最近読んだ本

読書中

太陽の今読んでる本

プロフィール

HN:
太陽
性別:
女性
職業:
4月から公務員
自己紹介:
本好きで趣味で小説も書いてたりする20代半ばの女です。

ブログ内検索

Copyright ©  -- 万言葉(よろづことのは) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]