忍者ブログ

万言葉(よろづことのは)

やまと歌は、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける

   
カテゴリー「語り」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の10冊

毎年恒例、今年の10冊のコーナーです(笑)

今年は全部で294冊。1ヶ月平均24.5冊です。
就職して冊数は減るかと思いきや、思ったよりは減りませんでした。
電車通学なので、かえって毎日1時間強の読書時間が確保されていたおかげかな。
でも、全体的に胸に残る作品は少なくて、去年の豊作具合と比べたら不作だったかなと思います。

ではでは、今回も順位ではなく10冊同列で上げさせてもらいます。

・リテイクシックスティーン(豊島ミホ)
・空色メモリ(越谷オサム)
・吉祥寺の朝比奈くん(中田永一)
・キケン(有川浩)
・かのこちゃんとマドレーヌ夫人(万城目学)
・影法師(百田尚樹)
・星虫年代記(岩本 隆雄)
・七人の敵がいる(加納朋子)
・トッカン―特別国税徴収官―(高殿円)
・アルバトロスは羽ばたかない(七河 迦南)

ここ最近、女性作家が強かったのですが、今回はほぼ半々です。

次点は
・廃墟建築士(三崎亜記)
・夜のだれかの玩具箱(あさのあつこ)
・園芸少年(魚住直子)
・私の家では何も起こらない(恩田陸)
・Nのために(湊かなえ)
・青嵐の譜(天野純希)
・獣の奏者 外伝 刹那(上橋菜穂子)
・猫物語(白)(西尾維新)

全体的に青春物が豊作で、ミステリが全体的に不作だったみたいですね。
ここ数年はほとんどをミステリが占める、なんてことも珍しくなかったのに……

来年もたくさん面白い本に出会えますように。

ではでは皆さん、よいお年を。

※今年の10冊への細かいコメントは年明けに書簡にUPします。
PR

今年読んだ本ベスト…

今年も残すところ、あと1日となりました。
毎年大晦日発表の「今年読んだ本ベスト10」

今年は総読書数は330冊。
さらに豊作が多くて、
好き度5(最高点)をつけた本が9冊
好き度4.5(次点)をつけた本は30冊
ということで、10冊選ぶのは至難の業なので今年は
「今年読んだ本ベスト5」
そして、それからあぶれた本の中なか部門ベストを選ぶことにします。
※荻原規子は別格なので、今年から殿堂入り扱いにします

まず「今年読んだ本ベスト5」
1.フリーター、家を買う。(有川浩)
2.獣の奏者 探求編/完結編(上橋菜穂子)
3.きりこについて(西加奈子)
4.キネマの神様(原田マハ)
5.BOX!(百田尚樹)

今年は考えさせられる本が多かったです。
5位の『BOX!』だけは本格ボクシング小説でスポ根エンターテイメント作ですが、1~4位はそれぞれメッセージ性が強く、どれを1位にするかは悩みましたが、自分の状況と非常にマッチしていたのと、メッセージを一番ストレートな形で書いたのが『フリーター、家を買う。』だったと思ったので、これを選ばせてもらいました。
2位の『獣の奏者』もファンタジーという媒体を使いながら、平和や今の情勢なんかに訴えかけている本で、子どもだけでなく大人にも是非読んでもらって、いろいろと考えて欲しいと思います。
『きりこについて』はユーモアのある文体だけどテーマは意外と深く、「美」や「自己とは」といったことを考えさせられます。
『キネマの神様』は映画をテーマにしたハートウォーミングストーリー。読後とても暖かい気持ちになります。

次は各部門ベスト

◎ベスト・オブ・青春小説
『少年少女飛行倶楽部』(加納朋子)※好き度5

◎ベスト・オブ・ファンタジー小説
『夏休みは、銀河!』(岩本隆雄)

◎ベスト・オブ・恋愛小説
『左京区七夕通東入ル』(瀧羽麻子)
『さみしいうさぎ』(飯田雪子)※好き度5
『恋愛嫌い』(平安寿子)※好き度5
↑敢えて「恋愛小説部門」に入れてみた


◎ベスト・オブ・新人作家
『少女たちの羅針盤』(水生大海)
『魚神』(千早茜)

◎ベスト・オブ・大河小説
『テンペスト』(池永永一)
『芙蓉千里』(須賀しのぶ)

◎ベスト・オブ・短編集
『朝のこどもの玩具箱』(あさのあつこ)

◎ベスト・オブ・ミステリー小説
『新参者』(東野圭吾)

◎ベスト・オブ・青春ミステリ小説
『退出ゲーム』(初野晴)

◎ベスト・オブ・ライトノベル
『偽物語 下』(西尾維新)


今年掘り出し物だったのは新人の水生大海さん、千早茜さんと、初読だった飯田雪子さん、須賀しのぶさん、岩本隆雄さん。今後も追いかけたいです。

来年は社会人になるので、年間300冊越えとかはもう無理だと思いますが、素敵な本にたくさん出会いたいです。
では、みなさん、よいお年を!


以下に選からもれた好き度4.5の作品名を羅列

愛すべきもの

このブログにyoutube貼りつけられることに、今初めて気づきました。
いつのまにグレードUPしてたんだろう。
というわけで、意味もなく試してみたいので貼りつけてみた。
個人的に何度見ても泣ける動画(ごく一部の人間にかぎります)


これ見て辛い就活乗り越えました。
私も頑張ろう!とね、思うのですよ、彼を見てると。
1:30あたりからの白黒(過去編)~復活への奇蹟の部分は
もう、この動画を作った人はわたしを泣かすために作ったのか?
と思いたいくらい秀逸!
「スケートがしたい」の部分は何度見ても涙腺崩壊しそうになります。
※注 共感頂くには私と同程度高橋大輔のファンである必要があります。
   見て泣けなかったからと言って苦情を言われても受け付けません。


ちなみに、個人的に就活以上に辛かった2年前の卒論執筆時は、 当時のフリープログラム(オペラ座の怪人)を
[NHK杯]→[グランプリファイナル]→[全日本]→[世界選手権]を1サイクルで、HDDを何度も見直しました。

この頃は氷の上の彼が好きでした。
彼が輝くのは氷の上で、一旦氷から下りると普通の男の子だな、と思っていました。

でも最近は、陸の上の彼も好きです。
違うんですよね、顔が。怪我をする前と後とじゃ。
彼を見ていると、つくづく人間の顔って「造り」じゃないな、と思います。
顔って、「表情」なんですよね。
そして、「表情」っていうのは自分が「作る」ものなんですよね。
「造り」は親からもらった「遺伝子」のお陰かもしれないけど、
「表情」を作っているのは自分自身。
今の彼は、本当にいい表情をします。
今の彼の顔が、私はすごく好きです。

なんかもう結果はどうでもいい。
彼が彼の思うままに氷の上にいてくれさえいればそれでいいと本心思います。

そりゃ、それに結果がついてくればそれに越したことはないですけど。
高橋くん本人がインタビューでこう言っているのですが

「バンクバーでは金メダルを獲れる。今はただ漠然とそう思うんですよ」

これを聞いたとき、もう素直に単純に「ああそうか」と腑に落ちたんです。
「獲りたい」でもなく「獲ってやる」でもなく「獲らなくちゃ」でもない。
「獲れる」

これはもう悟りの域。
達観している。

だから、こんなに、見ているだけで幸せな気持ちになるのだな、と気づいたんです。

全日本選手権が25日か始まりますが、また彼らしい演技で、幸せな気持ちにさせてほしいな、と思います。

佳主馬

佳主馬

思わず「佳主馬(カズマ)」を単語登録してしまった(笑)
世界一タンクトップが似合う男の子。

「言い方がダメ」

とか可愛すぎる!最近、ツンな男の子が好物すぎて困ります(笑)

そのうちこの子のファンサイトがネット上に大量発生するんだろうなぁ…。

あぁ…やっぱ「サマーウォーズ」もう1回観に行きたいな。

アダム

アダム

この絵を見て、または「アダム・ランバート」という名前を聞いて、
誰だか分かった人がいたらお友達になって下さい!(切実/笑)

アメリカで視聴率NO.1のオーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン8準優勝、アダム(26)ですv(今もFOXで夕方5時から再放送中)
どうでもいい話ですが、私は番組前半戦の頃のちょっと長めの髪型の方が好きです。

先シーズンから見始めたアメリカン・アイドルですが、去年はTOP10あたりから途中参戦。予選から見れなかったのを悔やんでいたので、今シーズンははりきって予選からチェック入れてました。
その中でも、一押しだったアダム。
順調に勝ち進み、というか、序盤ですでに頭3つくらい他候補者から抜き出てしまい、後半は候補者の一人というよりは、むしろ
「審査の途中でゲストのアダム・ランバートによるショータイムがはさまってます」状態に。
実力だけなら彼以外が優勝するなんてありえないのですが、そこが視聴者投票の面白いとこ。
子犬系の顔立ちと、根っからの人の良さ(+曲のアレンジ)で人気を得たクリス・アレン(23)が優勝をかっさらっていきました。

クリスも好きだったのでおおむね納得の結果ではあるのですが。

というか、アダムとクリスの友情関係が大好きだったので、2人がいいと思ってるなら、別にいいや、という心境。

「優勝はどっちだと思う?」という司会者の問いに、2人して相手を指さして
「This guy!(こいつだよ)」と言い合ってる姿や、
クリスの優勝が決まった瞬間、嬉しそうに破顔して抱きついたアダムと
涙をにじませながら「優勝はアダムだよ」と言ったクリスとか…
うーん、最高!!

あと、アダムのメイク(黒いアイシャドウとマニュキア)をメディアからバッシングされ、アダムとクリスの不仲説が流れた時、その噂への反抗の意志表示として、クリスがアダムに自分の爪にマニュキアを塗ってもらったというエピソードを後から知って、録画を見直してみたら、本当にクリスが爪を青く塗っていて、ほほえましいやら泣けるやらで……

いいですね、男の友情!大好きだ!


アダムがゲイであることをカミングアウトしているせいで、2人のことを変に噂する下世話な人もいますが、純粋に2人の友情が好きです。

話がそれましたが、アダムのアルバムが楽しみです。
去年の優勝&準優勝は8月頃にデビューシングルのPVがyou tubeに上がってきていたのですが、今年はどうなんだろう…

アダムのパフォーマンスは全部が神だったと思いますが、一番好きなのは
Feeling Good

あと、これはアメリカン・アイドル出場以前に作ったアルバムの一曲らしいのですが、すごくいい曲!是非、新アルバムに入れてほしい!
Want
※この映像でやたら抱きつきまくってる背の小さい男の子がクリスです

あぁ、でも、一番アダムらしさが出てるのは、レッド・ツッペリンの
Whole Lotta Love 」かな。高音が尋常じゃない。

調子に乗って3

『町でうわさの天狗の子』よりタケルくん

天狗の子ータケル


まさかの3日連日記事。
はまったときのパワーってすごい(笑)

瞬ちゃんも好きだけどタケルくんも好きです!
まったく別のよさがあります。
黒王子か白王子か…
究極の選択(笑)

まあ、話の流れ的にはヒーローは瞬ちゃんなんだろうけど。

調子に乗って2

『町でうわさの天狗の子』より瞬ちゃん

天狗の子ー瞬


真面目でツンだけど、実は過保護で面倒見がよいところは、
たしかにRDGの深行に通じるものがあります。
(瞬ちゃんの方が深行より精神的に大人ですが)

にしても、膝上スカートくらいであんなに大騒ぎするとは
水着なんか着た日には、強制的にお山に帰されちゃいますね(笑)

調子に乗って

『町でうわさの天狗の子』より秋姫

天狗の子


↓の記事を読んでSちゃんが天狗の子にはまってくれました!
嬉しかったので調子に乗って姫ちゃん描いてみましたv

ほんと可愛いです、この子。
怪力で大食らいだけど、中身はとっても普通の子。

「3日に1回でいいから
タケル君におはようって言ってもらえるなら
お父さんや瞬ちゃんに迷惑かけても
同じ高校に行きたかったんだもん」

って台詞が切ない…
4巻まで読むとなおさら切ない!

雲居の雁 in 夕霧の巻

雲居の雁

雲居の雁

雲居の雁

衝動描き(笑)
↓で語った雲居の雁
思わず「ぎゅっv」としたくなるくらい可愛いv

せっかくなので、一連のシーン(夕霧、浮気相手の落葉の宮の所から帰宅。雲居の雁が怒ってふて寝しているシーンから)を原文で以下に引用(『新編日本古典文学全集』より)
※雲居の雁の台詞=、夕霧の台詞=

女君は、帳の内に臥したまへり。入りたまへれど目も見あはせたまはず。つらきこそはあめれと見たまふもことわりなれど、憚り顔にももてなしたまはず、御衣を引きやりたまへれば、
いづことておはしつるぞ、まろは早う死にき。常に鬼とのたまへば、同じくはなりはてなむとて
とのたまふ。
御心こそ鬼よりけにおはすれ、さまは憎げもなければ、え疎みはつまじ
と、何心もなう言ひなしたまふも心やましうて、
めでたきさまになまめいたまへらむあたりにあり経べき身にもあらねば、いづちもいづちも失せなむとす。なほかくだにな思し出でそ。あいなく年ごろを経けるだに、悔しきものを
とて、起き上がりたまへるさまは、いみじう愛敬づきて、にほひやかにうち赤みたまへる顔いとをかしげなり。
かく心幼げに腹立ちなしたまへればにや、目馴れて、この鬼こそ、今は、恐ろしくもあらずなりにたれ。神々しき気を添へばや
と、戯れに言ひなしたまヘど、
何ごと言ふぞ。おいらかに死にたまひね。まろも死なむ。見れば憎し、聞けば愛敬なし、見棄てて死なむはうしろめたし
とのたまふに、いとをかしきさまのみまされば、こまやかに笑ひて、
近くてこそ見たまはざらめ、よそにはなどか聞きたまはざらむ。さても契り深かなる瀬を知らせむの御心ななり。にはかにうちつづくべかなる冥途の急ぎは、さこそは契りきこえしか
と、いとつれなく言ひて、何くれとこしらへきこえ慰めたまへば、いと若やかに心うつくしうらうたき心、はた、おはする人なれば、なほざり言とは見たまひながら、おのづから和みつつものしたまふを、いとあはれと思すものから、心は空にて、かれも、いとわが心をたてて強うものものしき人のけはひには見えたまはねど、もしなほ本意ならぬことにて尼になども思ひなりたまひなば、をこがましうもあべいかな、と思ふに、しばしはと絶えおくまじうあわたたしき心地して、暮れゆくままに、今日も御返りだになきよと思して、心にかかりていみじうながめをしたまふ。



雲居の雁の機嫌が直ったところまでにしようかと思ったのですが、切りが悪いので夕霧最低男なところ(雲居の雁を抱きながら、「落葉の宮が出家しちゃったらどうしよー」とか考えてるところ)まで引用しちゃいました。
やっぱり『源氏物語』は原文で読むのが一番ですね。
自分でいろいろ補完しながら読めていいです。現代語訳はイメージが固定しちゃうので。(それはそれで面白いですが…)

堀宮:堀夫妻

というわけで、現実逃避。
堀宮より堀夫妻

堀父

堀京介(ほり きょうすけ)
堀父。
職業不詳。スーツを着てると珍しがられる。
家庭内でやたら虐げられている。
自由人。
宮村がお気に入り。
別居中らしいが最近はよく家にいる。
子どもたちからは「パパいつまでいるの?」と言われる。
京子が生まれた時、18歳。学生時代はモテていた。

堀母

堀百合子(ほり ゆりこ)
堀母。姉さん女房。
仕事持ち。
ドメスティックなんちゃら。(精神的にも肉体的にも)
旧姓は小柳。
学生時代は生徒会に所属。



ダメな大人なパパが好きです。
家族にまったく相手にされてないところがもう(笑)

母「買い物行ってくるけど何か要る?」
父「ガーゼと耳栓」
母「わかったプリンね」

とか、もう面白すぎる、この夫婦!
実際、こんな父だったら相当うざいけど、見てる分には楽しいです(笑)

カレンダー

09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

就活する人の必読本

フリーターのみなさんはもちろん、新卒さんも、これから就活するであろう高校生も、とにかくみんなに読んで欲しい本。

ひっそり布教中

アメリカン・アイドルS8準優勝アダム・ランバートのデビューアルバム(輸入盤)
ジャケットで引かないで下さい!(笑)普通にしてれば黒髪長身でミステリアスなイケメンです!歌声は今世紀を代表するビッグアーティストになること間違いなし(だと勝手に思ってる)!

絶賛布教中

11/21、4巻発売!表紙は進藤と宮村
web漫画サイト「読解アヘン」にて連載中。

最近読んだ本

太陽の最近読んだ本

読書中

太陽の今読んでる本

プロフィール

HN:
太陽
性別:
女性
職業:
4月から公務員
自己紹介:
本好きで趣味で小説も書いてたりする20代半ばの女です。

ブログ内検索

Copyright ©  -- 万言葉(よろづことのは) --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]